HOME> 歯について> (5) むし歯の予防【細菌】

(5) むし歯の予防【細菌】

それではどうやってむし歯を防げばよいのでしょう。


むし歯の原因は、細菌、歯、砂糖の3つの要因があって、起こるといいましたが、その3つの要因に対してアプローチをしていきます。

まずは、細菌に対してです。CMでプラークコントロールという、言葉をきいたことがあるとおもいますが、細菌に対しては歯みがき、プラークを除去して、対抗していきます。人間は細菌と一緒に暮らしているので、完全に除去することはできません。そこで、うまく付き合う、つまりコントロール(プラークコントロール)することが目標となっています。


写真をみてみてください。一見きれいに見えますが、プラークを染めだす液をつけてみると、

このようにプラークが付着していることがわかります。特に歯と歯茎の境目や、歯と歯の間についていることがわかります。プラークはうがいをしたくらいでは溶けません。ブラッシングしないととれません。

プラークを確実に取ることが大切です。

ひとつにはみがき方があります。

歯みがきの仕方にはいろいろありますが、代表的なスクラッビング法を紹介します。

スクラッビング法は、歯ブラシの毛先を歯面に直角にあて、細かく(1cm程度)横に動かし、1〜2歯ずつ奥から前に移動してください。

大きく動かしても、歯と歯の間に毛先が入らず、みがき残しとなります。

毛先が入るように細かく動かしてあげます。

硬い毛先の歯ブラシを使ったり、また強く歯に当てると、歯が削れてしまいます。

普通の硬さの歯ブラシを選んで、毛先が歯と歯の間に入る程度、強すぎないように歯に当てて、みがいてあげます。

どこをみがいたのか忘れないように、一筆書きを書くようにみがくことも大切です。



一番みがきづらく、みがきのこしの出るところは、(1)奥歯のかむ面、(2)歯と歯の間、(3)歯と歯ぐきの境目なので、このようなところを狙ってみがいていきます。


低学年のうちは、子供1人では、きちんとみがけません。

まず子供に歯みがきをさせたあと、みがき残しのないようにもう一度大人がみがいてあげてください。


歯みがきは習慣にしないと、やらなくなります。かならず食後に磨くような習慣をつけてもらうことが、大事です。上の三つの標識を覚えてください。


なお、6歳頃の時期に大事なことは、おとなの歯がはえてくることです。

はえてきたばかりの歯は、硬さが未熟で、むし歯に非常に弱い状態です。

また歯ぐきがかぶさっていたりして、少々みがきずらいです。

しかし、今後一生使わなければならない歯なのですから、心してみがいてください。


上の写真は6歳の子の、第一大臼歯の写真で、プラークを赤く染め出したところです。溝のところが赤くなっていることが分かります。大切なおとなの歯、このままではいけません。


奥歯にはえてきた歯は特別に、歯ブラシを頬の方から突っ込むようにして、よこみがき、書き出し磨きをして、大切にみがいてください。


それから歯ブラシですが、ヘッドが小さく奥までとどき、上の写真上段の歯ブラシのようにひろがったものは使わず、ひろがりはじめたら、新しいものと変えてください。