HOME> 治療と予防> リコール(検診)間隔について

リコール(検診)について


治療が終了された方には、リコール(検診)のお手紙を出させていただいています。

歯を長持ちさせるには定期検診が一番大切ではないかと考えています。

理想的な間隔は下記の通りですが、患者様のお考えや時間的なご都合にあわせて、リコール(検診)間隔は柔軟に対応させていただきます。



歯科治療1年目の方(いままで検診をされていなかった方)

複雑な補綴処置、分岐部病変、歯冠ー歯根比の不良等の困難な症例 1〜2ヶ月
一般治療で治癒良好な場合 3ヶ月


歯科治療2年目の以降の方(検診をされていた方)

1)プラークコントロール不良
2)高度の歯石沈着
3)歯周疾患にかかりやすくなるような全身的因子(糖尿病、高血圧症、喫煙者など)
4)ポケットの残存
5)咬合の問題
6)複雑な補綴物
7)齲蝕の再発
8)歯周外科適応であるが、医学的、精神的、経済的理由によりこれを行えない場合
9)多くの歯が50%以下の骨支持
10)歯周外科によって改善が望めない高度な歯周組織破壊の状態
1〜3ヶ月
1年またはそれ以上の期間良好なメインテナンス結果が得られているが、以下のような因子を有している場合
1)プラークコントロール不良
2)高度の歯石沈着
3)歯周疾患にかかりやすくなるような全身的因子(糖尿病、高血圧症、喫煙者など)
4)ポケットの残存
5)咬合の問題
6)複雑な補綴物
7)矯正治療中
8)齲蝕の再発
9)骨支持が50%以下の歯がある程度ある場合
3〜4ヶ月
1年またはそれ以上のすぐれたメインテナンスの結果が得られている場合。プラークコントロール良好で歯石沈着がほとんどなく、咬合の問題、複雑な補綴物、ポケットの再発等が認められず、骨支持50%以下の歯がない場合
6ヶ月〜1年


参照:Carranza, Jr., F.A. and Newman, M. G. : Ch. 68 Supportive periodontal treatment. Clinical periodontology. 8th ed., W. B. Saunders Co., Philadelplia, 743-753, 1996




追記:リコールの理論的根拠

(参照:一からわかるクリニカルペリオドントロジー