HOME> 院内感染予防> 消毒水準分類 リスク分類別清浄レベル

院内感染予防 <消毒水準分類 リスク分類別清浄レベル>


CDCガイドラインにおける消毒水準分類
滅菌 いかなる形態の微生物生命をも完全に排除または死滅させる
高水準消毒 芽胞が多数存在する場合を除き、すべての微生物を死滅させる
中水準消毒 芽胞以外の結核菌、栄養型細菌、多くのウィルス、真菌を殺滅する
低水準消毒 ほとんどの細菌、ある種のウィルス、真菌は殺滅するが、結核菌や芽胞などを殺滅しない



医療器具のリスク分類別清浄レベル
器具 対象 対象例 滅菌消毒 感染経路別予防策
クリティカル器具 無菌の組織や血管に挿入するもの 手術用器具、針など すべて滅菌
セミクリティカル器具 粘膜または健常でない皮膚に接触するもの 麻酔器具、体温計、鏡など すべて洗浄+消毒
ノンクリティカル器具 健常な皮膚とは接触するが、粘膜とは接触しないもの ユニット、血圧計のマンシェット、テーブルの表面など 洗浄・清拭が基本 接触感染をとるものでは清拭+消毒
周辺の物品・環境 清拭・清掃が基本 接触感染をとるものでは清掃+消毒
Q&Aでわかる滅菌消毒の基礎知識 ナース専科 25(7):8-13,2005