歯ぎしりやくいしばり、歯と歯が長い時間あたっている事により歯にダメージがおこり、そこから引き起こされる様々な症状をDCS(Dental Compression Syndrome)と呼ばれてきているようです。

日本語に直すと、歯の圧迫症候群というのでしょうか。

以前は、下の写真の様な歯と歯ぐきの境目に歯が欠けた様になる症状(クサビ状欠損)は、かたい歯ブラシでゴシゴシ磨いているせいだと言われていたのですが、今はDCSの一つと考えられて来ています。

次の様な症状がある方はDCSかもしれません。

・歯と歯ぐきの境目が削れている(クサビ状欠損)

・歯が削れて平坦になっている(歯に溝が浅い)、歯に凹みがある(過度の咬耗)

・上あごや下あごに骨の隆起・でっぱりがある (外骨症)

f:id:naito-dental:20100215165135j:image

新潟市東区物見山 ないとう歯科医院   TEL: 025-270-2218

http://www.naito-dental.com